スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夏料理
うーへー。あーつーいー。去年はクーラーほぼ使わなかったのだけれど、
今年はそうも行かないかもなぁ。温度差に弱いので体調が心配だーわ。

というわけで突如わたしの夏レシピ紹介。両方サラダ系だけど私は主食扱いしてます。

◆大根とツナと素麺のサラダ
大根とツナと素麺と、キャベツor水菜が私的マストアイテム。
お好みでミョウガと大葉を準備するとよいです。

1.大根を細めに切ります。好みで短冊~細切り
2.大根を水にさらすか、塩でもみます。これも好みで
3.ほかの野菜を切ります。キャベツの千切りと水菜はよく合います。
  たぶんオニオンスライスとかは合わないきがします。
4.ソーメンゆでます。硬めにゆでます。ソーメンは半分に折ってゆでると食べやすいです。
5.ミョウガと大葉を千切りにします。
6.ソーメンをザルにあげて、水で冷やしたらよーく水を切ります。
7.大根も水を切ります。塩もみの場合は水洗いしてから水を切ります。
  ソーメンも大根も、水の切りが甘いとべちゃべちゃになるので、しっかり水切りします
8.底の深い食器(ボウルとか、どんぶりとか)に盛ります。真ん中に穴を開けておきます。
9.ソーメンとツナを穴に放り込んでよく混ぜます。
  (水を切ったソーメンはぺたぺたくっつきあうので、ツナの油でそれを防止)

完成です。味は食べながら調えます。薄味好きならこれだけで十分です。
おかずと主食を兼ねる上に調理器具も食器もあまり使わないので楽です。
カロリーはツナに依存しますが、味もツナ依存なのであんまりカロリー低いやつだと
パサパサでたんぱくでおいしくなくなります。

ちなみに価格もツナ依存です。大葉とミョウガは価格にバラつきがあるので、
安く仕入れられなかったら使わなければよいです。

◆アボカドとサーモンのカルパッチョもどきサラダ
大体タイトルどおりに作れば間違いありません。
アボカド、サーモン、たまねぎ(生食可能なもの)と醤油、オリーブオイルがマスト。
キャベツ、水菜、カイワレとかをお好みでどうぞ。
アボカドは指で押して弾力のあるものを。カチカチのはダメです。

1.野菜を切ります。オニオンスライスがよく合います。
  アボカドが強いのとオニオンスライス大量に使うと胸焼けするので
  キャベツの千切り、水菜等でボリュームのバランスをば。薬味が欲しければカイワレとかも。
2.サーモンを切ります。刺身風に薄切りにした後、縦に真っ二つにしたくらいが食べやすいです。
3.アボカドを角切りにします。アボカドの切り方が分からなければ小項目参照。
 3-1.縦方向(ヘタを通るように)包丁を入れて、そのままタネの周りにぐるっと1周包丁を入れます
 3-2.いったん包丁を抜いて、両手でアボカドを持って捻る(ビンのふたを開ける感じ)と、
   アボカドがパカッと2パーツに分かれます。
 3-3.片方にタネが残るので、タネに包丁の角(柄に一番近い部分の歯)を刺して、
   ほじりだします。アボカドで手が滑りやすいので怪我をしないように。
 3-4.このままだと皮を剥きづらいので、皮じゃないほうを下にしてまな板に置き、
   また縦方向に真っ二つにします。
 3-5.皮をとります。簡単に取れます。皮にやたらと実がつく場合はこそぎ落とせばよいです。
4.処理した材料をすべて混ぜます。
5.オリーブオイルとお醤油で味付けします。どちらもかなり好みに左右されるので
  少しずつためしてみて自分の好みの量を見つけます。

完成。ビネガーの量の調節が苦手なのと、アボカドに醤油が合うので、この味付け。
アボカド外してサーモンを鯛にしてもよいすね。

アボカドを一つまるっと使う前提だと、バランスとるにはたまねぎ半玉、
キャベツ1~2枚、水菜小さいの1~2株、サーモン150gくらいになるので、
二人~三人分の量になるのでご注意を。保存する場合はサーモンの鮮度にもご注意。

価格はアボカドとサーモンをどれだけ安く仕入れるかにかかります。
あわせて300円切るとうれしいですね。あとは野菜があわせて100円分いかないハズなので、
出来る量を考えるとコスパはそこそこです。



両方とも、彩りは考えていないので、寂しければプチトマトとかパプリカとかをどぞ。
慣れると15分くらいで作れるのでらくちんです。火もほとんど使わないし。

スポンサーサイト
お料理 | 01:17:48 | Trackback(0) | Comments(0)
20分クッキング
えのきのマヨぽん酢炒めー。

材料ー
・えのき       好きなだけ
・せせり(鳥の首肉)  好きなだけ
・キャベツ      好きなだけ
・ピーマン      好きなだけ
・パプリカ      好きなだけ
・マヨネーズ     たぶん大さじ1~2
・ポン酢       入れすぎない程度

1.全部食べやすい大きさに切る。

せせりんは思いのほか歯ごたえがあるので細めに切っておくとよいかも。

えのきのマヨぽん酢炒め1写真の量だと2人前くらい。一人で食べたけど。


2.せせりとえのきからいためる。

後でマヨネーズ入れるので、出来ればこの段階は油敷かないでおきたい。
えのきのマヨぽん酢炒め2マーブル加工考えた人に敬礼


3.せせりんに火が通ったら、残りの食材を入れる。

えのきのマヨぽん酢炒め3実はパプリカではなく赤ピーマンなのだ

4.キャベツがしっとりしたら、マヨネーズとぽん酢入れる。

しばらく分離した状態になるので、よく炒める。
フライパンの温度も下がってしまうので、思いのほか炒めることになる。
えのきのマヨぽん酢炒め4ぐるぐる


5.盛る

ポン酢とマヨネーズのバランスはお好みで。
あとどちらかが多すぎると、ひどい色合いになるので注意。

あ、あとお好みであら引きコショウをかけるとよいかも。今日はかけるの忘れた。
えのきのマヨぽん酢炒め5「さかる」と読んだ人は後で職員室に来なさい。


時間があったので、きゅうりとみょうがの塩昆布茶和えを5分くらいで作る。
えのきのマヨぽん酢炒め6夜は炭水化物抜きが多いです。おなかぷよぷよ。



値段的には、↑の分量で200円くらいかしら。せせりは100g 100円ちょっとで手に入ります。大分では。
このえのきは25円くらいで売ってたやつなので、実際は150円くらいしかかかっていないけれど。


せせりは意外と使い道が思いつかない。まぁ塩コショウで焼くだけで十分おいしいのだけれど・・・。



あと、どうしてもコイツを思い出す。

お料理 | 22:28:26 | Trackback(0) | Comments(0)
圧力鍋の力
牛筋を、灰汁が出るまで下茹でして、お湯をすてて、
ぎりぎり浸らないぐらいまで水入れて、浸るようになるまで白だしいれて、
圧力鍋で30分。

いやぁ、牛筋の煮込みが1時間かからずにできますよ。うふふ。
今日は、それと、昨日の残りの炒め物と、
冷蔵庫の中にあった野菜の残りを浅漬けにしたものが晩御飯でした。



お料理 | 23:56:52 | Trackback(0) | Comments(0)
 
■ヒバリの囀り

■最新のおしらせ

'06 11/14
タグクラウドを設置しました。

■タグクラウド(上位30項目)

クリックするとそのタグに
関連した記事を表示します。

■最近の記事
■カテゴリー
■プロフィール

すかいらーく

Author:すかいらーく
 
 
こつこついそいそ
わたわたあらら

不器用なカラダとタマシイ持って
生きづらい世をテクテクと。

~自己紹介~
ヒバリのとまりぎ
 ∟このサイトと管理人について
をご覧ください。

~ブログの紹介~
音楽ネタが主です。
スピッツとつじあやののファン
なのですが、最近は
salyuとか安藤裕子もよく聴きます。

~関連サイト~

ヒバリのとまりぎ
パソコン関連などまとめたりしてます。
そのうち音楽ネタもやりたい…。

ヒバリのとまりぎ

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■リンク
■過去のおしらせ

'06 11/14
とまりぎの方を更新しました。
アイコンをまとめたり、
トップ絵を作ってみたり、
音楽について書き始めました。
'06 11/14
とまりぎの方を更新しました。
C言語の構造体についても
書いてみました。
'06 9/24
とまりぎの方を更新しました。
C言語のポインタについて
書いてみました。
'06 9/2
こっそりウェブページを
オープンしました。
ヒバリのとまりぎ
といいます。
コンテンツ希薄、
そして今後もノープランですが、
どうぞよろしくお願いします。
'06 5/29
ロゴ画像を変更しました。
工学部食堂にいるネコです。
ややピンボケです(泣)。
'06 5/14
Blog Petを飼ってみました。
少し重くなってしまいますが、
許してください(笑)。
'06 3/9
ブログ内の全記事の一覧が
参照できるようになりました。
全記事の一覧を閲覧
'06 1/29
足あと帳を作ってみました。
よければぺたぺたしてやってください。
コメント欄に書き込むだけです。

■QRコード(このサイトのURL)

QRコード

■ブログ内検索

■RSSフィード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。