スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2009年書きそびれたシリーズその一
その一で終わりそうですが。
どうも。ヒバリです。

というわけで始めます。やんややんや。

後で自分で見なおしたときに一番面白いエントリーは、
何といっても買ったCDのレビュー。
「わきわきしすぎだろうコイツ」
「あー最初はそんなイメージだったな」
と、自分の愚行をニヒルに笑うのは、なかなか楽しい行為です。

というわけで、2009年9月6日に発売されたつじあやの「つじギフト」の感想ー!
いやっほーぅ。

まーた企画ベストかーと多少残念に思っていた気持ちは、
曲目を見たときに吹っ飛びました。
アルバム未発表と、トリビュートアルバム参加曲が合わせて半分くらい。
これは金欠大学生には嬉しいお知らせ。ということで、さっさか購入。

1曲目「愛する人へ」から既に、ニヤニヤが止まりませんでしたね。いやー。
「君」と「僕」の歌なんですねー。初期つじあやののトレードマークです。
でも、曲調アレンジとも、どう聞いても「今の」つじあやのなんですよねー。
10周年記念ソングという位置づけどおりの見事な集大成。
ステキなファンサービスだと思います。
酷くどうでもいい話ですが、家事をしているときに聞きたくなる曲です。酷くどうでもいい話ですが。

あまり長文にしたくないのでもう一曲だけ。「15歳」。
彼女の所属しているSpeedStarの15周年イベントのテーマソング?でいいんですかね。
THE BACK HORNの山田将司さんとのコラボ曲。
じんわり染みる、雰囲気のある曲です。
あれれ、こんな歌詞書けるんだ。寧ろ作曲の方したのかと思っちゃいました。
この曲好きです。ハートにぐいぐいきます。
ハモりに回った時の声とかも好きで、今でもヘビロテの一角になっております。

総じてとっても面白いアルバムでした。と最後にまとめておきます。
あぁ、次はオリジナルなのかな。楽しみだな。


ふー、満足満足。
少ない時間で出来る逃避っていいわね。
それじゃあプログラミングにもどりまーす。

スポンサーサイト
音楽のはなし | 23:10:36 | Trackback(0) | Comments(0)
今年もMCTの季節
ども。ヒバリです。

今年のMusicCityTenjinは10/3,4
あぁ、3日は東京にいるから行けないなぁ。とか思ってたら。
3日にあやの嬢がいらっさるじゃないですかorz
う~む、ノーマークでした。つじギフトの発売日から、
販促行脚を行う可能性を考慮できているべきだった。無念。

まぁ、仕方ないかー。あうあう。
あーうー。

ぐっとくるうた | 20:57:50 | Trackback(0) | Comments(0)
あやのさんとスピッツの新作
どーも。おかたづけという名目で、今日一日を逃避したヒバリです。
嘘です。昨日も同様の手口で逃避していました。

さて、チェックを怠っていたら、あやの嬢スピッツも新作情報が!
うおおおお。スピは映画主題歌なのだけれど、テレビとかも見ないから本当にわかんなかた。

スピッツはニューシングル「君は太陽」。映画「ホッタラケの島」の主題歌。
サイトでは試聴もできますが、発売も近いのでしないでおきましょう。うふふ。
シングルが出るということは、出るということは、アルバムももうすぐ出るのかな。
今年末とか、来年初めぐらいかな。わきわきわきわき。

あやの嬢の方はアルバムです。企画ベスト「つじギフト」。
えー、またベストぉ~?と一瞬思ったんですが、「初CD化音源13曲も収録」とのこと。
それベスト違う。
嬢が参加したトリビュートアルバムの曲なんかも入っております。
トリビュートまでは買い集められなかったので嬉しいなー。わきわきわきわき。
そしてCMソングメドレー2も地味に楽しみです。
後は、まだ発表されてないタイトルが楽しみーと言ったところですね。
スムルース「月下美人 ~つじあやのさんと~」が入っていればカンペキなんですが、
ワガママは言いませんとも。


相変わらずこの2アーティストは私の中で別格なのです。
変化を続けながらも軸をしっかり保ち、
鳥肌が立つほどの名曲!というのは少ないけれど
どの曲も何年たっても腐らないというか。
年をとってからも「あー今日はBALANÇO聞こう」とか
「ババロア聞きたいから三日月ロックにしよう」とか言ってるんじゃないかな。


音楽のはなし | 18:27:00 | Trackback(0) | Comments(0)
MCT続報
どもども。ヒバリです。

MCT、警固公園ステージのシークレットが発表されましたー。↓公式から引用
警固公園Aステージのシークレットアーティストを発表!
10月4日16:30から曽我部恵一、10月5日16:10からキセルの出演が決定!

だ、そうですー。

ところでつじあやのさんですが、明日10/3に福岡のラジオに出演するらしいのですが…
MCTには出ないんですよねぇ。でーれーばーいーいーのーにー。

んまぁ、一応4日は行くつもりではあります。
中古屋さんがメインになるかもしれませんが(汗

音楽のはなし | 13:59:07 | Trackback(1) | Comments(0)
COVER GIRL 2
どもー。久々のリリースで心躍っておりますよ。ひばりです。

というわけで、買ってまいりました「COVER GIRL 2」。
一応、知らない人用の解説も入れときましょうか。
これはつじあやのがうたうカバーアルバムの第二弾。
今回もかーなりバラエティに富んだ内容になってます。
(昭和の歌謡曲から最近のアイドルまで。といったら語弊でしょうか/笑)
アルバムは2枚組でTokyoSideとKyotoSideに分かれてて、
TokyoSideはスタジオ録音。KyotoSideは地元京都での、
彼女に関わりの深い場所での録音となっています。
鴨川とか、彼女の出身の龍谷大とか。

COVER GIRLは、カバーアルバムでありながら
いつも以上に濃厚なつじあやのワールドを感じさせてくれる不思議なアルバムです。


ほい、解説終わりです。あぁ、一応公式にリンクはっておきましょう。
さてここまでは一般向け(笑)。ではでは、感想をば。少ない語彙で、必死におしゃべりします。

今回、買いに行くのが遅れてしまって25日に…。
とはいえ初回版ふつーに購入。
おや?このジャケはアジカンのジャケ書いてる人の絵かなぁ?
カオティックになりそうでならない、不思議なバランスがいいですね。

~Tokyo Side~
M1.come again (m-flo)

曲目発表当初からの注目曲だったり。よい意味で期待を裏切るアレンジでした。
しっとりと、物悲しさを漂わせるような。彼女の声と生楽器の絡みも心地いい曲です。
初っ端から懐の深さを見せつけますねー。
あ、ただラップは流石にありませんでしたよ(笑)。LISAパートのみです。

M2.SWEET MEMORIES(松田聖子)

オリジナルの曲のイメージがかなり強いのに、
やはりマイワールドに取り込んでしまうつじあやの。ごく自然に聴けます。
切なく、やさしく。しっとりと歌い上げています。

M3.丘を越えて(藤山一郎)

おどけたような曲調の前奏になんだかニヤニヤ。
最近少なくなった元気でポップな曲も、やっぱりいいですね。
「うららかさん」ここにあり。といったところでしょうか。

M4.戦場のメリークリスマス(坂本龍一)

既に何人か歌詞をつけている人はいますが、今回は自作の歌詞を乗せたもの。
「映画からインスパイアされた」と言っているあたり、映画好きの彼女らしいですね。
この曲の歌い方は、不思議なくらいに無表情。こんなに強い思いを綴っているのに。
ただそのおかげで、メロディーもボーカルもどちらも殺さない、
「戦メリなのにつじあやの」という感じが生まれたんじゃないかなー。

M5.DOWN TOWN(シュガー・ベイブ)

ヤマタツですね。やはり、彼女のルーツになった人たちの曲は自然になじみます。
この辺の成分って、彼女の中にどう表れてるんでしょ。
時間とお金ができたら、80'sとか90'sの勉強してみたいなぁ。
ところでこの曲、車のCMとかに使えそうですね。軽の。

M6.渚のシンドバッド(ピンクレディー)

まさかのピンクレディー。そしてまさかのウクレレ弾き語り。
たどたどしいせくしーさになんか照れてしまいますね。
解説ブックレットの「振りつきのダンスに陥ることを許さない」という強い表現に吹きました。
たしかに、このアレンジじゃ踊れません。

M7.頼りない天使(FISHMANS)

いい曲ですねー。フィッシュマンズもよく知らないのですが、
名前と評判ぐらいは聞いたことがあります。
ひねくれたかわいい歌詞と、なんだか頼りな~いメロディが愛らしい。
昔のつじあやのがよく歌っていたような曲に近い感じがしますね。かなりしっくりきてます。


~Kyoto Side~

M1.君は天然色(大滝詠一)

@鴨川。ですね。聞こえてくる子どもたちの声も曲にぴったり。
私も好きな大滝詠一の曲ですが、ウクレレ弾き語りの相性がいいですね。
周りの雰囲気も相まって、青臭いさわやかさが耳に心地よいです。
そのうち「幸せな結末」とか歌ってくれませんかね。

M2.ルージュの伝言(荒井由実)

ユーミンユーミン。魔女の宅急便よく見てたので結構なじみ深い曲。
電車の中で歌うという半ば暴挙にでておりますが、その分雰囲気が出てますね。
声のせいなのか、ユーミンverよりも歌の主人公の年齢が若く聞こえます。
いじらしい度が大幅にアップしてます。

M3.Happiness(嵐)

出身の龍谷大学での録音。おそらくだれもが予想しなかった、「嵐」。
大学での録音ということで、いい鼻歌感が出てます。いい感じに軽いノリ。
そして選曲いいですねー。雰囲気もぴったりです。
ただ…、DVDの方でも言ってましたがキーが辛そうだなぁ(笑)。

M4.悲しみは果てしなく(ザ・ディランⅡ)

フォークはお手の物ですかね。ウクレレ弾き語りとの相性もいいみたいです。
こういう字余りな曲は好みです。男の人が達観してるシチュエーションも好き。
この曲のあやの嬢はやや投げやりな歌い方をしてますが、それもまたいいですね。
場所は「Coffee House 拾得」。大学時代彼女がバイトしていた「フォーク喫茶」だそうで。

M5.美しく燃える森(東京スカパラダイスオーケストラ)

スカパラの曲ですが、奥田民生ボーカルでしたね。正に森の中で歌っています。
ウクレレの醸す切なさと狂気が曲にぴったり。シンプルなアレンジでもいけますね。
放り投げるような、おいてくるような。民生さんとあやの嬢の歌い方はどこか似てて、
ボーカルも違和感無く聴かせてくれます。

M6.TENNESSEE WALTZ(Pee Wee King and His Golden West Cowboys)

どこかで聞いたことはあると思います。なんか口ずさめたので。
つじあやのボイスと英語って、結構相性いいですよね。
以前COVER GIRLで「Never can say goodby」をレコーディングしたときに
英語のトレーニングをしているらしく、それ以来発音も強化されてていい感じ。
自分で作るのは難しいかもしれないけれど、ちょいちょいこういうのも聞きたいですね。

M7.恋に落ちて~fall in love~(小林明子)

金妻ですか。タイトルとこの曲は知ってます。ドラマの中身は知らないけれど。
今のつじあやのだからこそ歌える曲。といった感じでしょうか。
弾き語りでムーディに歌い上げてます。
う~ん、オトナの女仕様も甘酸っぱい仕様も、どちらも好きです。つじあやの。


今回もずいぶん魅せてくれるアルバムだったと思います。
しっかし、これってファン以外に需要あるのかなぁ…。
まぁ、そういうことしてくれるからファンやっててうれしいんですけどねー。

ところでDVDもよかったですねー。お勧めは「美しく燃える森」でしょうか。
KyotoSideはDVDで聞くとステキ度アップです。

音楽のはなし | 16:17:27 | Trackback(0) | Comments(1)
と、適当な日記を書いてしまった後に
…ネタを発見してしまったヒバリです。

つじあやのが再び!カバーアルバムを出すようです。
オリジナルも待ち遠しいのだけれど、
カバーでも十分に「つじあやのワールド」を堪能できることは
前回の「COVER GIRL」で実証済み。
タイトルは「COVER GIRL 2(安直…)で、発売は9月24日だそう。
いやはや、楽しみです。

詳細(公式サイトより引用)↓↓


DISC-1 【tokyo side】
●多彩なアレンジで名曲の数々をスタジオ・レコーディング
1.come again (m-flo)
2.SWEET MEMORIES (松田聖子)
3.丘を越えて (藤山一郎) [映画『丘を越えて』主題歌]
4.戦場のメリークリスマス (坂本龍一)
5.DOWN TOWN (シュガー・ベイブ)
6.渚のシンドバッド (ピンクレディー)
7.頼りない天使 (FISHMANS) [映画『ネコナデ』主題歌]

DISC-2 【kyoto side】
●地元京都でのウクレレ弾き語りをフィールド・レコーディング
1.君は天然色 (大滝詠一) 〜鴨川土手より〜
2.ルージュの伝言 (荒井由実) 〜嵐山電鉄車内より〜
3.Happiness (嵐) 〜龍谷大学・深草キャンパスより〜
4.悲しみは果てしなく (ザ・ディランII) 〜Coffee House 拾得より〜
5.美しく燃える森 (東京スカパラダイスオーケストラ) 〜下鴨神社より〜
6.TENNESSEE WALTZ (Pee Wee King and His Golden West Cowboys) 〜カミ家珈琲より〜
7.恋におちて 〜Fall in love〜 (小林明子) 〜貴船荘・川床より〜
※(  )内は、オリジナル・アーティスト名



HIPHOPからジャニーズまでと、なんだか幅広いですねー。
カバーされる曲たちも、違わず彼女の「世界」の一部であるわけで。
この曲たちとつじあやのが、いったいどういう風に絡むのか、
今からわきわきが止まりませんね。



…因みに、一番気になるのは、come againのラップ部分。
高速つじあやのの予感が…(笑)

音楽のはなし | 22:45:14 | Trackback(0) | Comments(1)
本日の奇跡その2
引き続きヒバリです。急にテンションが上がるので注意です。



本日発売!「ありえないくらい奇跡」/つじあやのとBEAT CRUSADERS~。
「風になる」以降、入荷日につじあやのの作品を買えなかったのは初ではないでしょうか。


風になるといえば、ジブリ「猫の恩返し」主題歌だったわけですが、
今回もアニメ主題歌です。「ケロロ軍曹」だそうですがよく知りません(汗
今回はポスターがついてきたりはしないようです。いやもらっても困るわけですが(汗


曲の感想ー。
スカっとポップでつじあやのつじあやのしていない曲でした。
かといってビークルビークルしているわけでもなかったので、
おそらくお互いに歩み寄ってブレンドされちゃったんでしょう。

最初の入り方とか、最後半音上がったりとか、
90's的なといいますかところどころの狙いすぎ感がいいですね。聞きやすい曲です。


…あ、そういえば久々の「君」と「僕」の歌詞なんですね。
歌詞もずいぶん分かりやすい言葉になってるところを見ると
やっぱり大衆を意識した曲なんでしょうね。
CMソングいっぱい作ってたりするから、こういうのは得意なんでしょうね。

そしてカップリングの「風になる」。3アレンジ目ですな(笑)
でもよくよく見てみるとウクレレのみのアレンジはなかったようで、
こちらも面白いなぁと聴いております。


どっぷりつじやあのワールドに浸るのもいいですが、
たまにはこういう、エキシビジョン的な作品も楽しいですね。


あぁ、今年はどんな活動するんだろうなーと思いをはせて、
今日の日記を終わります。それでは~。

音楽のはなし | 21:31:22 | Trackback(0) | Comments(1)
嗚呼久々の
つじあやのネタでっス。

買いましたよ「Sweet, Sweet Happy Birthday」~。

しかし今回の初回限定はモノがデカいですね。
めちゃイケ非公認缶バッジと、エコカイロ(たぶん新星堂オリジナル)。
事前にそれを知らずに買いに行ったもんだから、
店員さんが取り出してきたときに「ふへっ」と変な苦笑いをしてしまいました。
店員さんも「へへっ」と苦笑いを返してくれました。

初回限定と言えば今回はそれだけじゃなかったですね。
メガネっすよメガネ。
メガネはずしてるんスよ初回盤のパッケージ。
…一大事なんですが、普段メガネかけてる人がはずしてるとこを見ると
強烈な違和感に襲われてしまうことがわかっているので…
スリーブケースを外すのに妙な勇気が要りました(笑)。


えーと、このあたりについてもいくらでも長く書けそうですが、
さっさと感想の方に行きましょうね。

もうすっかりオトナ~な雰囲気になりましたね。あやの嬢。
「脱・うららか宣言」は本当のようです。
ちょっと昔の、甘酸っぱくて青臭い感じはすっかり抜けてしまいましたが、
それでもしっかり「つじあやの」なのが非常に好印象です。
人として、アーティストとしてぐぐっと成長していく様子を
生で体感できるというのが嬉しい。
年末にファーストアルバムから全部聞きなおしてみようかな。
いろいろ発見がありそう。



さて、各曲についても一行ほどでさらっと感想を。

M1.マーメイド
私 生まれ変わる 過去を捨てて光浴びて
という冒頭の歌詞が象徴的。
サビの「マ~メイっ」にヤられぎみです(笑)

M2.Sweet Happy Birthday
タイトルチューン。この辺も、自分のことをうたってるのかなぁ。と。
単なるお誕生日ソングではない「Happy Birthday」の使われ方に、はっとさせられます。

M3.揺れる夜、愛に抱かれて
珍しい感じのタイトルですが、曲調はどっちかというと昔のつじあやのに近い感じ。
でもきっと、3年前の彼女が歌うと全然違う印象になるんでしょうね。

M4.Fly High
ミニアルバム「はじまりの時」からの曲。「蝶々の歌」ということでしたっけか。
アルバム全体にも言えますが、パーカッションが気持ちいい曲です。

M5.雨上がりの私
スピッツ感が少し漂っている気が。
やわらかいウクレレと、クリーンなギターの音のコンビネーションがいいかんじ。

M6.さよなら愛してる
シングル曲。はじめて聞いたときは何があったのかと思いました(笑)
このあたりを境に、彼女の雰囲気は全然ちがってくるのです。
言葉もなく 自由もなく ただ泳ぐ魚のように」というフレーズ。深いです。

M7.愛を知りたくて
ウクレレ弾き語り。愛の歌でも歌いだしそうなやさしいメロディに乗るのは、
前向きながらも切ない歌詞。1番のサビの歌詞、ゾクっと来ました。

M8.黒い瞳と青い海
一転してらぶらぶな曲。
ボッサな感じ?でいいのかなこれは。相変わらずジャンルを問いませんねー。

M9.ダーリン
例の、パチンコ屋さんのCMソング。
ほんわりした、つじあやのサウンドといった感じ。
サビのメロディーが好きです。

M10.七つの海越えて
このアルバムでは珍しい、軽快な曲。
これも結構昔からのイメージに近い曲かも。

M11.真夜中の散歩道
日記にでも書いてありそうなメロの歌詞がいじらしくてよいです。
静かで大きな盛り上がりも見せないのですが、なぜか好きな曲です。

M12.心に花を咲かせましょう
のんび~りスウィンギンな感じが好きです。
こちらもサビの高音にヤられ気味。
せ・か・いっでいっちばっん~♪
この先につながっていくような前向きな曲なのに、アルバム最後の曲なのに、
余韻を残したくないかのようにスッパリ切られている最後は何を象徴するのでしょう?
過去との決別?新しいスタート?それとも他の何かなのでしょうか?




はい。1行どころじゃ済まない事なんてはじめからわかってはいましたけどね。


私自身ここ数年で大きく変化しているのですが、
つじあやのの成長、変化が、私のそれにぴったりあってるのです。
偶然なのか、引っ張られているのかは知りませんが、
とことん、このアーティストのファンでよかったなぁと思う今日この頃なのでした。


では。長文失礼。これでもかなりはしょったんですけどね。
日記自体ちゃんと書くのは久々なので気合いが入ってしまいました。

音楽のはなし | 12:18:55 | Trackback(1) | Comments(4)
おかえり
ども。おひさしぶりですヒバリです。
「起きる→(学校 OR 仕事)に行く→帰ってくる→寝る」
という大変シンプルな構成の毎日を送っております。

因みに、食事やおフロなども行っておりますのでご心配なさらぬよう。


そんなわけで更新頻度ガタ落ちです。

つじあやのニューアルバムだよイヤッホーイだとか、
最近急に寒くなりすぎだよだとか、
いつの間にか退勤時間が30時になっていたよだとか、
パソコンのバックライトが逝ってしまったよだとか、
プログラム書いてたら夜が明けたよだとか、
色々書くネタはあったんですがなにぶん、
「略→帰ってくる→寝る」
だったもんですから、機会を逃しておりました。うーむ。



因みに、バックライト切れのPCは修理から戻ってきました。
おかえり。かえでさん。




因みに、命名の経緯については、以前説明した日記あるので気になるなら参照してくださいな。

日記 | 00:09:04 | Trackback(0) | Comments(3)
ひとやすみ
どうも、ヒバリです。さらにもいちど、ヒバリです。

今漸く大きめのタスクを終えて、小休止しております。
…まぁ、こんなに忙しくなっちゃったのは私が風邪引いちゃったからなんですけどね…。


とは言いながらそんななか、タワレコに行ってまいりました。
柳田久美子「春の風*夕焼けハミング*流星ビバップ」を購入してまいりましたよ。

というわけでちょびっとレビュー。

1.春の風
やっぱり彼女の曲はアップテンポのが好みです。
サビの盛り上がり方がいい感じ♪

2.夕焼けハミング
実はちょっと太めの声の柳田嬢。
細くて優しい声のつじあやの。
思っていたよりもしっかりマッチするものです。

…こう考えると、ギターとウクレレという楽器も、
二人の雰囲気を象徴してるみたいでおもしろいですね。

3.流星ビバップ
音楽を聴き始めたタイミング的にギリギリでオザケンにあまり通じていない私。
でもどうやら聞いたことあるみたいです。

柳田久美子とオザケンということで、聞くまではあまりピンとこなかったのですが、
なかなかどーして声質も歌い方もバッチリ似合ってます。
なーがれーぼし♪がお気に入りです。



音楽のはなし | 21:40:33 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ
 
■ヒバリの囀り

■最新のおしらせ

'06 11/14
タグクラウドを設置しました。

■タグクラウド(上位30項目)

クリックするとそのタグに
関連した記事を表示します。

■最近の記事
■カテゴリー
■プロフィール

すかいらーく

Author:すかいらーく
 
 
こつこついそいそ
わたわたあらら

不器用なカラダとタマシイ持って
生きづらい世をテクテクと。

~自己紹介~
ヒバリのとまりぎ
 ∟このサイトと管理人について
をご覧ください。

~ブログの紹介~
音楽ネタが主です。
スピッツとつじあやののファン
なのですが、最近は
salyuとか安藤裕子もよく聴きます。

~関連サイト~

ヒバリのとまりぎ
パソコン関連などまとめたりしてます。
そのうち音楽ネタもやりたい…。

ヒバリのとまりぎ

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■リンク
■過去のおしらせ

'06 11/14
とまりぎの方を更新しました。
アイコンをまとめたり、
トップ絵を作ってみたり、
音楽について書き始めました。
'06 11/14
とまりぎの方を更新しました。
C言語の構造体についても
書いてみました。
'06 9/24
とまりぎの方を更新しました。
C言語のポインタについて
書いてみました。
'06 9/2
こっそりウェブページを
オープンしました。
ヒバリのとまりぎ
といいます。
コンテンツ希薄、
そして今後もノープランですが、
どうぞよろしくお願いします。
'06 5/29
ロゴ画像を変更しました。
工学部食堂にいるネコです。
ややピンボケです(泣)。
'06 5/14
Blog Petを飼ってみました。
少し重くなってしまいますが、
許してください(笑)。
'06 3/9
ブログ内の全記事の一覧が
参照できるようになりました。
全記事の一覧を閲覧
'06 1/29
足あと帳を作ってみました。
よければぺたぺたしてやってください。
コメント欄に書き込むだけです。

■QRコード(このサイトのURL)

QRコード

■ブログ内検索

■RSSフィード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。